【超高齢社会の働き方・働かせ方】最終回 2つの革新による相乗効果 従業員の“心”動かす 制度だけでは巧く運ばず/糸賀 大

2018.06.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

初心に返る機会与える

 「超高齢社会の働き方・働かせ方」というテーマで22回にわたって論を展開してきたが、最後は働き方と働かせ方を革新する方法について、「2つの革新による相乗効果」と題して総括してみる。

(1)働かせ方の革新

 働かせ方の革新とは、企業経営側の打つべき手段である。会社に行くことが楽しい、働くことにやり甲斐を感じる――そんな職場をつくり上げるためには、まず経営理念から始まって長期経営計画・短期経営計画を策定しよう。それを年間計画・月間計画・週間計画に落とし込んでいく。…

筆者:合資会社 社長支援室 代表 糸賀 大

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年6月25日第3166号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ