【自社ブランドのメンタルヘルスケア】第10回 マネジメント・リファーラル/赤塚 由見子

2013.05.15 【安全スタッフ】

 従業員がメンタルヘルス相談に至る過程には、2つのパターンがあります。一つは従業員が自ら問題を認識して相談を希望し、相談室に来るというものです。そしてもう一つは、管理監督者がキーマンとなり部下に相談を勧めたことで相談室につながるケースです。前者をセルフ・リファーラル(自発的相談)といい、…

執筆:セントラルEAPコンサルティング 代表取締役 中央産業保健協会 理事 赤塚 由見子

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成25年5月15日第2186号

あわせて読みたい

ページトップ