【自社ブランドのメンタルヘルスケア】最終回 「できること」を大切に/赤塚 由見子

2013.12.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 最終回に皆様にお伝えしたいことは、メンタルヘルスケアの大切さを再認識していただきたい、ということです。これまで24回に渡ってさまざまな切り口から職場のメンタルヘルスケアについて紹介してまいりました。第1回にも書きましたように、今後は従来のメンタルヘルスケアのあり方から新しいメンタルヘルスケアのあり方に変わる時でもあります。従来のメンタルヘルスケアは専門家が専門的に行うものでありました。…

執筆:セントラルEAPコンサルティング 代表取締役 中央産業保健協会 理事 赤塚 由見子

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年12月15日第2200号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ