【ちょっと一息】第24回 書くということ/中込 平一郎

2013.12.15 【安全スタッフ】

 季節のことや身の回りの出来事、そして安全について書かせてもらって3年が経ちました。友人知人から読んでいると言われると気恥ずかしさが先だって、つい上手く書けない言い訳などを言ってごまかしています。こんな感じのエッセイめいたものを書くようになったのは、安全部門に就いて数年後、なにか社内報に作業所むけのものを書こう、そう考えて「安全ショート・ショート」と名付けて書き始めました。

 何かを書くために、気が付いたことをメモにしたり枕元に筆記用具を置き、脳裡をよぎったことを書き残したりしていますが、これがあまり役に立たないのです。…

筆者:中込労務安全事務所 建設業労働災害防止協会 セーフティエキスパート 中込 平一郎

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成25年12月15日第2200号

あわせて読みたい

ページトップ