【ちょっと一息】第3回 鶯の初鳴き日/中込 平一郎

2013.02.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 立春を過ぎると暦の上では春。だからといって暖かさは微塵も感じられないのが新暦のいたずら。北国は積雪の高さが増す時季です。鶯は早春のころ鳴き声が聞こえるところから、春告げ鳥とよばれていることは世に知られているところです。「ホーホケキョ」の声を聞くと春が来たと思わせる特徴のある鳴き声です。他の鳥もどこかで鳴いているのかもしれませんが、季節を感じさせたりはしないのはなぜでしょうか?…

筆者:中込労務安全事務所 建設業労働災害防止協会 セーフティエキスパート 中込 平一郎

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年2月1日第2179号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ