【ちょっと一息】第7回 手書きの効用/中込 平一郎

2013.04.01 【安全スタッフ】

 先日、小学校時代の担任の先生からハガキをいただきました。私が通った学校は1年生から6年生までクラス替えをしなかったため、幼稚園時代からすると随分と長く同じ顔ぶれであり、なんとなく兄弟のように育ちました。町内に残った仲間が幹事となって先生をお招きし、いまだにクラス会が2年に1度行われています。先生も米寿を迎え、電車に乗って足を運んで頂くのもお気の毒ということになり、先生のお住まいの近くを会場としており、その時の礼状が届きました。しっかりとした筆致で書かれていてお元気なことがうかがえます。最近は私たちの日常から手紙の類が姿を消したと思っていた矢先のことでしたので、インクで書かれたハガキがとても懐かしく、…

筆者:中込労務安全事務所 建設業労働災害防止協会 セーフティエキスパート 中込 平一郎

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成25年4月1日第2183号

あわせて読みたい

ページトップ