【ちょっと一息】第26回 働き蜂の悲哀/中込 平一郎

2014.01.15 【安全スタッフ】

 蜂の世界では、働き蜂はひたすら餌となるものを休みもなく巣に運び、外敵を攻撃するだけの一生である。そこから比喩として家庭のためにせっせと会社で働いているサラリーマンを働き蜂と呼んだ時もありました。働き蜂は働くことを知っていますが、休むということを知りません。人間世界の私たちは休むことを知っていて、休みたいのですが働くことに慣れて、悲しいかな休み方を知らない人たちのなんと多いことでしょう。…

筆者:中込労務安全事務所 建設業労働災害防止協会 セーフティエキスパート 中込 平一郎

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成26年1月15日第2202号

あわせて読みたい

ページトップ