【ちょっと一息】第15回 気象庁予報官の悩み/中込 平一郎

2013.08.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 私が40年来通っているヘアサロンのマスター、昔風にいえば「散髪屋の大将」は農園を楽しんでいて、いつも天気のことを気にしています。誰もが天気のことは気にしていると思いますが、予報は当たって当然。外れると気象庁に抗議が殺到すると聞きます。今年は梅雨は例年並みか、やや長いとの長期予報だったにも拘わらず東日本は梅雨らしい梅雨を経験しないうちに梅雨明け宣言がされました。

筆者:中込労務安全事務所 建設業労働災害防止協会 セーフティエキスパート 中込 平一郎

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年8月1日第2191号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ