【ちょっと一息】第38回 夏の風物詩…線香花火/中込 平一郎

2014.07.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 考えていてもそのことが分からないまま、心に置いていることがあります。その中の一つに、日本人ほど季節を受け入れる民族は珍しいということです。春夏秋冬を楽しみ、生活の中に上手に生かしていると感じます。

 間もなく、真夏がやってきます。涼風を待ちわびながら「暑いですね」が日常のあいさつに使われる毎日であっても、どこかに涼しさをつくり出す名人だと思います。目で涼しさを感じるために、冬には使われないガラスの容器に食材を盛り、音で涼しさを感じるために風鈴をつったり、あるいは茣蓙を敷いて皮膚感覚で涼しさを感じたりしています。最近は以前ほど見かけなくなりましたが、夜ともなればバケツを持ち出し、…

筆者:中込労務安全事務所 建設業労働災害防止協会 セーフティエキスパート 中込 平一郎

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年7月15日第2214号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ