【ちょっと一息】第6回 ひいらぎ…それとも?/中込 平一郎

2013.03.15 【安全スタッフ】

 日本は多民族国家ではありません。そのせいか日常の付き合いに、曖昧さがあることをやむを得ないとする傾向がみられます。「まあまあ」「そんなものか」で済まそうとします。

 ただ、全国レベルでその考えが全く同じかといえばそうでもなく、多少の温度差が見受けられます。会社勤務をしていた時、しばしば聞かされたのが、関西方面の人の返事の中に「はいはい、検討しておきましょ」とか「まあまあ、分かりました」がありました。検討しておくということは、こちらの提案について考え、そして返事をもらえるものと受け止めていました。しかし、…

筆者:中込労務安全事務所 建設業労働災害防止協会 セーフティエキスパート 中込 平一郎

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成25年3月15日第2182号

あわせて読みたい

ページトップ