【ちょっと一息】第28回 わが家の妙な決まりごと/中込 平一郎

2014.02.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 家長とは旧民法での戸籍での当主の言葉で、現在では使われないのは承知しています。かといって私自身を当主と呼ぶほどの家ではありません。そのわが家は節気ごとに妙な決まりごとがあります。元日の朝、私は必ず朝湯に入り身を清めることから始まります。風呂に入ることによって身を清め、心は昨年、出雲大社の祓いの社に詣でたので多少は穢れも落ちたとは思います。それから神棚、仏壇に手を合わせ新年の挨拶をいたします。テーブルにおせち料理が並んでいても、誰一人手を付けることはできません。…

筆者:中込労務安全事務所 建設業労働災害防止協会 セーフティエキスパート 中込 平一郎

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年2月15日第2204号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ