【ちょっと一息】第9回 音がよびさます記憶/中込 平一郎

2013.05.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 欅の葉で遠くが見通せなくなって春を感じています。数日、気づかずにいると葉の成長に驚いてしまい、季節は休まずに動いているのだということを実感させられます。季節の動きが分かるのは、やはり春が一番でしょう。モノトーンの冬からパステル調に景色が変わっていきます。柔らかな緑、優しげなピンク。毎年繰り返される移ろいです。去年の今頃もこんなことを思っていたようです。たぶんその前の年も。

 頼りない記憶が何かの拍子に思い出されることがありますね。思い出させるもの、それは…

筆者:中込労務安全事務所 建設業労働災害防止協会 セーフティエキスパート 中込 平一郎

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年5月1日第2185号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ