【ちょっと一息】第12回 紫陽花/中込 平一郎

2013.06.15 【安全スタッフ】

 猫の額ほどといったら猫に叱られる。そんなわが家の庭に今年も紫陽花が咲いています。紫陽花はかなり昔から日本にあって万葉集にも歌われていました。もちろん現在の漢字ではなく安治佐為と書いていたそうです。中国・唐の時代の詩人「白居易」が他の花に紫陽花と名をつけたのを、平安時代の人が花の色からあじさいにこの漢字を使ったのが広まり紫陽花が定着したといわれています。

 各地のお寺に行くと紫陽花が多く植えられて、アジサイ寺と呼ばれていますが、鎌倉の明月院などはアジサイ寺の名所として関東近辺から訪れる人が毎年多くみられます。お寺に紫陽花が多く植えられている、その理由の一つとして…

筆者:中込労務安全事務所 建設業労働災害防止協会 セーフティエキスパート 中込 平一郎

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成25年6月15日第2188号

あわせて読みたい

ページトップ