【介護離職ゼロ 企業がすべきこと】第6回 働き方改革の推進 管理職がカギ握る 仕事の配分を工夫して/小曽根 由実

2016.09.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

優先順位付けて働く

 ワーク・ライフ・バランス(WLB)という言葉を聞いたとき、あなたはまず何をイメージするだろうか。時間外労働の削減、ノー残業デーの設定、有給休暇の取得促進、仕事と育児の両立支援、仕事と介護の両立支援等、企業における従業員のWLB実現に向けた取組みは様ざまであり、近年は積極的に推進する企業がますます増えている。

 育児・介護等の理由を問わず、そもそも「時間制約があることを前提にした働き方」が可能な職場や、「働き方改革」がなされた職場であれば、長時間労働は自ずと減少し、介護との両立も実現しやすくなるであろう。

 「介護離職を予防するための両立支援対応モデル」の最後5つ目の取組みは、「働き方改革」である。…

筆者:みずほ情報総研㈱ シニアコンサルタント 小曽根 由実

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年9月12日第3080号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ