【人材が集まるオンライン採用術】第6回 面接での惹きつけ方① 質問事項を事前設計 求める人材像に沿って/伊達 洋駆

2021.11.04 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

入社意欲の引上げ図る

 新型コロナウイルス感染症が拡大し、採用面接にもオンライン化の波が押し寄せた。コロナ禍以前は、企業の会議室などの場所で、面と向かって行うのが当たり前だったことを考慮すると、オンライン化は大きな変化だ。

 採用面接には、「惹きつけ」と「見極め」という2つの側面がある。惹きつけとは、候補者の志望度を高めること、見極めとは、候補者の適性を評価することを指す。このうち、今回は惹きつけに焦点を絞る。

 残念ながら、これまでの研究によれば、オンライン面接は惹きつけが苦手である。具体的には、対面の面接と比べて、面接官や企業に対する好意度が高まりにくいことが分かっている。

 なぜ、オンライン面接では惹きつけが十分にできないのか。鍵となるのは、…

筆者:㈱ビジネスリサーチラボ 代表取締役 伊達 洋駆

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年11月8日第3328号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。