【人材が集まるオンライン採用術】第9回 面接への臨み方 良い企業選びを支援 候補者に寄り添いつつ/伊達 洋駆

2021.11.25 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

候補者見極めたい企業

 対面で行うのが当たり前だった面接が、新型コロナウイルス感染症の影響でオンライン化された。対面とオンラインの違いに戸惑う面接官も多いのではないか。今回は、面接官がどのような「心構え」で面接に臨めば良いかを解説する。

 初めに「採用」と「職探し」という活動をめぐる状況を確認しておきたい。採用に取り組む企業は、2つのことを同時に狙わなければならない。1つは、良い候補者を選ぶこと、もう1つは、良い候補者から選んでもらうことである。

 他方で、候補者は職探しに当たって、2つのことをめざす必要がある。1つは良い企業を選ぶこと、もう1つは…

筆者:㈱ビジネスリサーチラボ 代表取締役 伊達 洋駆

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年12月6日第3331号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。