【介護離職ゼロ 企業がすべきこと】第5回 従業員への支援(2) 親の状況把握して 「保険証保管場所」など/小曽根 由実

2016.09.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

マネジメントを行う

 前回に続き、従業員が介護に直面する「前」に知っておくべき重要な情報をもう1点挙げる。それは、親の日常生活や身体状況、介護保険証・健康保険証の保管場所等である。家族等が急に倒れ、入院することになった場合には、医療費を支払うために銀行の預金通帳や印鑑等が必要になるケースもあるだろう。とりわけ家族等と離れて暮らしている場合、これらを知らないことが多い。第2回で紹介したモデルに沿った「お役立ちツール」では、家族のことを把握する際に資するツールも用意している()。社内セミナー等で従業員に是非、配布いただきたい。…

筆者:みずほ情報総研㈱ シニアコンサルタント 小曽根 由実

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年9月5日第3079号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ