【労働法を味方につける経営術】《上》労務問題は法律問題?経営問題?/鳥飼 重和

2016.01.11 【労働新聞】

労使協調姿勢で対応 企業の成長機会と捉えよ

 都内のIT企業・トリー社の藤井社長が、ライオンズクラブで知り合った重川弁護士のもとに、労働問題の相談にやって来ました。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

重川(以下、S) 藤井さん、元気のない顔をされていますね。何か心配事でも起こりましたか?

藤井(以下、F) 先月弊社を辞めた従業員の代理人である弁護士から内容証明郵便が送られてきたのです。

 それ見せてくれますか?なるほど、未払い残業代の請求ですね。

 そうなんです。当社では、残業代は発生しないはずです。

 内容証明郵便でも書いている固定残業手当のことですね。…

筆者:鳥飼総合法律事務所 代表弁護士 鳥飼 重和

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年1月11日第3048号7面

あわせて読みたい

ページトップ