【労使トラブル防ぐ実践的規定例】第21回 給与の種類 実態と合った規定に 年俸適用者の不安解消も/濵田 京子

2014.06.09 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

適用外の要件は具体的に

 給与計算業務のアウトソーシングをお引き受けした際に、各種規程と支給実績データとの整合性を確認すると、規定内容と実態が一致していないことが非常に多い。

 また、就業規則や給与規程を見ただけでは、各手当がどのような条件で支給されるのか分からないことが多く、さらには規定されていない手当が実際には支給されていたり、その逆のケースも散見される。…

筆者:濵田京子社労士事務所 代表 特定社会保険労務士 濵田 京子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年6月9日第2972号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ