【労使トラブル防ぐ実践的規定例】第7回 休職 期間通算条件を付記 メンタル不調の私傷病で/土屋 信彦

2014.02.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

長期パートへの対応も検討

 休職には私傷病休職、公職休職、出向休職、私事休職などの種類があるが、トラブル防止という観点から、近年重要性が叫ばれているメンタルヘルスを意識した私傷病休職に焦点を絞って説明したい。

 そもそも休職は法律上義務付けられたものではなく、会社が自由に設定できる制度のひとつだ。特に私傷病休職は、労働契約の側面で考えれば、労務提供ができず債務不履行となった場合の解雇猶予措置ととらえることができる。つまり労務不能な状況に陥りながら雇用を保障するという恩恵的な制度である。…

筆者:アイ社会保険労務士法人 代表社員 特定社会保険労務士 土屋 信彦

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年2月24日第2958号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ