【労使トラブル防ぐ実践的規定例】第3回 年次有給休暇・特別休暇 内容に応じ使い分け 年休消化か有給扱いか/佐藤 広一

2014.01.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

制度の意義を明確に説明

 中小企業経営者と就業規則の見直しを行っている過程で「特別休暇」について議論していると、経営者の社員に対する考え方を垣間見ることができるが、特別なときに恩恵的、福利厚生的に休暇を与えるものという趣旨に異論をはさむ経営者は少ない。

 ところが、良かれと思って制度化した特別休暇をめぐってトラブルになることがある。…

筆者:さとう社会保険労務士事務所 代表 特定社会保険労務士 佐藤 広一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年1月27日第2954号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ