【提言 これからの雇用・労働法制】第9回 年次有給休暇(上) 出勤日数は減少傾向 年休取得進まぬ背景に/小嶌 典明

2015.03.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

ワーカホリックの神話

 「労働時間の短縮により自由時間の増加を図るとともに有給休暇の集中的活用を促進する」。今からおよそ30年前、昭和61年4月に中曽根康弘首相に提出された「国際協調のための経済構造調整研究会」(座長=前川春雄元日銀総裁)の報告、世にいう前川リポートは、時短の必要をこのように説いた。…

筆者:大阪大学大学院法学研究科 教授 小嶌 典明

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年3月9日第3008号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ