【提言 これからの雇用・労働法制】第6回 労働時間とは何か 参考になる米国法制 着替時間は協約で除外も/小嶌 典明

2015.02.16 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

最高裁判決とその論理

 算盤勘定では理解できない。そんな訴訟の一つに、三菱重工業長崎造船所事件=平成12年3月9日最高裁第一小法廷判決がある(詳細は、拙著『労働法の「常識」は現場の「非常識」』〈中央経済社、平成26年〉162頁以下を参照)。

 最高裁で判決が確定するまでに27年を要した第一次訴訟における認容額は6万1043円。…

筆者:大阪大学大学院法学研究科 教授 小嶌 典明

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年2月16日第3005号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ