【提言 これからの雇用・労働法制】第18回 解雇について(上) 安易な昇進は避ける 「能力不足」の主張困難に/小嶌 典明

2015.05.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

外国にもいる問題社員

 ”プロブレム・エンプロイー(problem employee)”。英語では問題社員のことをこのようにいう。このことからも分かるように、問題社員の存在は、洋の東西を問わず、企業にとって頭痛の種となっている。

 能力不足は、その訳語であるpoor performanceが示すように、文字どおり労働債務の不履行(不完全履行)として、解雇を正当化する。そのような認識が諸外国には共通してみられるものの、解雇に至るプロセスに彼我の間でそれほど大きな違いがあるわけではない。…

筆者:大阪大学大学院法学研究科 教授 小嶌 典明

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年5月18日第3017号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ