【提言 これからの雇用・労働法制】第17回 派遣法の改正(下) 24年改正の再検討を 不安残す直接雇用みなし/小嶌 典明

2015.05.11 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

新たな法違反も発生へ

 期間制限違反等の派遣法違反に対する制裁規定。平成24年の派遣法改正によって新設された「直接雇用のみなし規定」(40条の6)にはこのような性格がある。違反に対してみなし規定が適用されるという点では新たな期間制限もその例外ではない(第1項3・4号を参照)。

 確かに、今回の法改正により業務区分が解消されることになれば、26業務ではあるが実態は自由化業務であるとして、ある日突然、期間制限違反が問題とされるようなことは今後、心配せずにすむようになる。…

筆者:大阪大学大学院法学研究科 教授 小嶌 典明

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年5月11日第3016号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ