【労使トラブル防ぐ実践的規定例】第14回 配置転換・転勤 根拠規定で包括同意 配慮欠けば権利濫用に/佐藤 広一

2014.04.21 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

勤務地限定特約は就規に優先

 最近はダブルインカム、いわゆる夫婦共稼ぎが多くみられる。長く続いたデフレ下においては賃上げもままならず二人で糧を得ないと日常生活に支障をきたすこともあるし、キャリア志向の高まりから働く女性が増えていることももちろんその一因である。

 実務の現場ではこうした状況が配置転換命令に影響を与えることがある。…

筆者:さとう社会保険労務士事務所 代表 特定社会保険労務士 佐藤 広一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年4月21日第2965号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ