【人事学望見】第1221回 仮眠と労基法上の労働時間 実作業従事が皆無なのに請求へ

2019.12.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

寝ていても緊張を強いられる?

 最高裁判所が、大星ビル管理事件で示した実作業に従事していない仮眠時間が労基法上の労働時間に該当するか否かは「労働者が仮眠時間において使用者の指揮命令下に置かれていたものと評価できるか否かにより客観的に定まる」という判決は神通力を持っているのだろうか。

別人で代替 常時緊張なし

 この延長線上にあったビソー工業事件の一審判決(仙台地判平24・1・25)では、「仮眠・休憩時間が全部労働時間に当たる」と判断されたため、Y社のみが控訴し、警備業務等についていた原告Aらは不服申立てをしなかった。

事件のあらまし

 Aらは、S社との間で労働契約を締結し、同社が保安・防災などの業務を受託していた宮城県立がんセンターで勤務していたが、Y社がS社に代わった平成19年4月1日以降、上記業務を落札してこれを受託した。同年3月末日ころ、AらはY社との間で労働契約を締結し、4月1日以降、Y社の従業員として同種の勤務を続けていた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和元年12月9日第3236号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ