【労働法を味方につける経営術】《下》「真に強い企業」をめざすために/鳥飼 重和

2016.01.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

労基法は良きツール 使用者への“足枷”に非ず

 元従業員からの未払い残業代の請求問題をきっかけに、重川弁護士と会社顧問の社会保険労務士の久保先生の協力を得て、数年をかけて適法かつ適切な労務管理体制を築き上げた藤井社長。

 ライオンズクラブの会合で、重川弁護士に会いました。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

重川(以下、S)藤井社長、当期の御社の業績は順調なようですね。

藤井(以下、F)ありがたいことに、今期の純利益は過去最高を見込めそうです。それもこれも、すべて重川先生と社労士の久保先生のお陰だと感謝しております。

 それは良かったです。藤井社長は、業績向上の原因は何だとお考えですか?

 時間はかかりましたが、労使が協調する労務管理体制になり、労使間に一体感ができ、従業員の意欲が高まって、その結果、業績の向上につながったのだと思います。…

筆者:鳥飼総合法律事務所 代表弁護士 鳥飼 重和

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年1月25日第3050号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ