【労働法を味方につける経営術】《中》軽視すべきでないものとは?/鳥飼 重和

2016.01.18 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「法令遵守」が重要に 弁護士などへ事前の相談

 重川弁護士の尽力によって、元従業員からの未払い残業代の請求問題を乗り切った藤井社長。意気揚々と、重川弁護士の元にやって来ました。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

藤井(以下、F)未払い残業代の件では、先生に大変お世話になりました。

重川(以下、S)お役に立てて何よりです。

 藤井社長の決断が早く、問題がこじれない段階で話合いのレールを敷くことができました。そのお陰で、穏やかな話ができ、とても早く、しかも、内容的にみても妥当な和解ができました。

 内容証明付郵便が来た時、喧嘩を売られたような感じで、どうしたものかと心配しました。従来だったら、やり返すという喧嘩腰になっていたと思います。…

筆者:鳥飼総合法律事務所 代表弁護士 鳥飼 重和

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年1月18日第3049号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ