【AI時代をリードする経営労務診断】(下)結果は自由に閲覧可 社労士の電子署名で保証/大野 実

2016.07.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 現在、私ども社会保険労務士が多くの企業からご依頼いただいて提供しているサービスの中心は、労働・社会保険の手続き業務とそれに付随する経営や労務に関する相談だ。今は、その手続き業務もこれまでの紙媒体の申請から電子申請へと変化している。この背景にあるのが、政府が「デジタル政府」への転換を標榜し、積極的にデジタル化対応を始めていることだ。マイナンバーや法人番号制度も、この社会全体のデジタル化の文脈のなかで理解する必要があろう。

 さて今回は、「サイバー法人台帳ROBINS」について詳しく説明したい。…

筆者:社会保険労務士法人大野事務所 代表社員 大野 実

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年7月11日第3072号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ