【テレワーク導入最前線】第17回 評価 非利用者と差付けず 目標管理制度導入も検討/武田 かおり

2016.11.07 【労働新聞】

 「テレワーク用の評価制度を知りたい」「仕事の評価が難しい」という相談を受けることがある。平成26年度厚生労働省テレワークモデル実証事業「企業アンケート」によると、半数以上が「通常勤務者と評価観点は同一である、特に変えていない」と回答しており、次いで「成果・業績」「目標管理」が多かった。

 テレワーク中の業績評価について、従業員の不安を払拭するためにも、労使双方が十分に話し合い、ルールを明確にしておくことが必要になる。…

筆者:NSR人事労務オフィス 社会保険労務士 武田 かおり

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年11月7日第3087号5面

あわせて読みたい

ページトップ