【テレワーク導入最前線】第5回 就業者が得られるメリット 通勤時間削減が第一 余暇の質も大きく高める/武田 かおり

2016.08.01 【労働新聞】

 就業者に対するテレワークのメリットで、まず誰もが頭に浮かべるのは、通勤時間の削減だろう。在宅勤務、サテライトオフィス勤務、モバイルワークのいずれの形態を採ったとしても、通勤時間の削減は可能だ。

 「社会生活基本調査」(2006年)によると、通勤時間の全国平均は、1日当たり70分程度といわれ、とくに東京・神奈川・千葉・埼玉は90分程度だという。長い通勤時間は、貴重な余暇時間の多くを満員電車で費やすのみならず、仕事で疲れた心身をさらに疲労させ、睡眠時間を減少させる原因にもなっている。…

筆者:NSR人事労務オフィス 社会保険労務士 武田 かおり

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年8月1日第3075号5面

あわせて読みたい

ページトップ