【テレワーク導入最前線】第9回 対象者の選定 自律性ある人選んで 許可しない場合は説明を/武田 かおり

2016.09.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 テレワーク成功の秘訣は、希望者全員がテレワークを行えるよう対象者を将来的に拡大していくことだとこれまで述べてきた。たとえ製造業の企業だったとしても、最初から生産工程の部署を完全に排除するのではなく、たとえば工場内での事務的な仕事を集めてテレワークが必要な従業員に与えたり、事務的な部署への異動によりテレワークを可能にするための研修(エクセル・ワード他)をしたりするなどの工夫を通じて、あくまで社員全員のための制度をめざすことを目標にしていただくことをお勧めしている。…

筆者:NSR人事労務オフィス 社会保険労務士 武田 かおり

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年9月5日第3079号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ