【テレワーク導入最前線】第3回 国の施策 中小へ助成金の用意 まずはセミナーで知識を/武田 かおり

2016.07.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省「雇用政策研究会報告書」(2012年8月)では、10~30年の20年間で労働者は950万人減少すると予測している。実に全大阪府民(約884万人)に相当する働き手がいなくなる計算だ。少子高齢化や近年顕在化している介護離職などを背景とする労働者不足は、企業存続を脅かすリスクとなる。場所や時間の制約がある人材を広く活用できる「テレワーク」は、労働者不足を解決する手段として注目されている。…

筆者:NSR人事労務オフィス 社会保険労務士 武田 かおり

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年7月18日第3073号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ