【テレワーク導入最前線】第1回 種類と現状 在宅勤務希望6割に 推進に経営者の理解必須/武田 かおり

2016.07.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 6月2日に「一億総活躍プラン」が閣議決定され、働き方改革や女性活躍のなかで、テレワークが手段として挙げられている。

 テレワークの定義は、ICT(情報通信技術)を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方とされる。いつものオフィスから離れた場所で、パソコン・タブレット・電話などで仕事をすることが、「テレ(Tele:離れて)ワーク(Work:働く)」だ。

 テレワークは、のように、就業形態と場所で分類される。…

筆者:NSR人事労務オフィス 社会保険労務士 武田 かおり

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年7月4日第3071号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ