【テレワーク導入最前線】第19回 教育・研修 目的や必要性を浸透 トップ自ら説明も効果的/武田 かおり

2016.11.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 スムーズな導入のためには、導入時の教育・研修が欠かせない。教育・研修には、①テレワークに対する認識の共有を図る「啓発」と、②円滑な業務遂行に向けた「ガイダンス」の2つの要素がある。

 ①「啓発」は、テレワークの概要やメリットを社内報や掲示物、セミナーなどで周知し、社員全員の理解と協力を求めることを目的とする。…

筆者:NSR人事労務オフィス 社会保険労務士 武田 かおり

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年11月21日第3089号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ