【テレワーク導入最前線】第4回 企業が得られるメリット 時間の有効活用促進 事業継続性確保にも効果/武田 かおり

2016.07.25 【労働新聞】

 啓発活動の際、「在宅勤務って家で子供の世話をしながら仕事をすることでしょう?」といわれることがある。テレワーク実施風景の映像やイラストに子供の姿があるのも原因だろう。しかし、「テレワークは社員への福利厚生のみがメリット」という誤った理解は、普及と継続の大きな妨げとなっている。企業にとっての導入効果を大きく5つに分けて説明する。…

筆者:NSR人事労務オフィス 社会保険労務士 武田 かおり

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年7月25日第3074号5面

あわせて読みたい

ページトップ