【テレワーク導入最前線】第11回 労働者性 「在宅ワーク」は請負 具体的な指揮命令できず/武田 かおり

2016.09.19 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 今回から、雇用型テレワーク、とくに在宅勤務を中心としたテレワークの労務管理上の留意点について解説していく。

 雇用契約によりテレワークを行うときは、オフィスで勤務するときと同様に、労働基準法、労働契約法、最低賃金法、労働安全衛生法、労働者災害補償保険法など労働者にかかわる法令が全て適用される。使用者は、労働者がどこでも安心して働けるように労務管理を行う必要がある。…

筆者:NSR人事労務オフィス 社会保険労務士 武田 かおり

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年9月19日第3081号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ