【登壇労組リーダー】現行奨学金制度の改善急げ/花井 圭子

2016.06.27 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 現在、奨学金利用者は大学生等の2人に1人、約141.2万人、うち給付型は8.4万人で、129.4万人は貸与型である。貸与型のほとんどが「独立行政法人 日本学生支援機構」(以下、機構)の奨学金であり、無利子は36.2万人、有利子が86.9万人である。

 私たち中央労福協が昨年実施した調査結果では、機構の有利子奨学金利用者が最も多く、利用額は平均で312.9万円、月々の返済額は約1.7万円、返済期間は14.1年であった。月々の返済は若者の大きな負担になっており、結婚等を諦める者も増えている。

 かつて奨学金といえば「日本育英会」、学校教員返済免除や減額制度があり、無利子だった。…

筆者:労働者福祉中央協議会 事務局長 花井 圭子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年6月27日第3070号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ