【問題社員に対処!懲戒権行使の境界線】第23回 手続きの諸問題/岸 聖太郎

2016.12.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

弁明の機会与える 規定がない場合でも

賞罰委の設置は自由

◆ 適正手続き

(1)手続き規定がある場合

 懲戒処分は、使用者による労働者に対する一方的な不利益処分であるから、懲戒権の発動に当たっては、刑事処分に準じた適正な手続きが要求される。

 とくに就業規則や労働協約等で、本人に対する弁明機会の付与、賞罰委員会の開催、組合との事前協議等の手続き規定が定められている場合には、その手続きを遵守しなければならない。手続きに瑕疵があれば、原則その懲戒は無効となる。…

筆者:石嵜・山中総合法律事務所 弁護士 岸 聖太郎

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年12月19日第3093号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ