【グローバル対応 外国人活用と海外赴任の実務】第14回 赴任者の社保資格継続/永井 知子

2017.10.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

在籍出向 賃金支払など考慮 転籍なら資格の喪失に

 海外赴任者の日本での社会保険の資格継続と標準報酬の決め方については、法の整備がされておらず、明確なルールが示されていないために、いまだ企業により取扱いが様ざまである。

 まずは、海外勤務の形態により判断する。

 出張

 海外での勤務が一時的で、主として指揮命令を行う者が日本の企業にいて、その業務が日本の企業に所属し、その責任において行われる勤務形態。

 在籍出向

筆者:コスモポリタンインターナショナルHRソリューションズ 代表 永井 知子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年10月16日第3132号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ