【グローバル対応 外国人活用と海外赴任の実務】第19回 追加すべき労務監査項目/永井 知子

2017.11.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

在留資格の確認徹底 雇用状況届も不可欠に

 昨今では、経営労務監査の必要性や重要性について話題に上ることが多い。経営労務監査は、労務コンプライアンスチェックなどとも呼ばれる。企業の労務部門における監査のことであり、労務の専門家が、企業の労務および労務管理の実態について調査・分析を行い、改善策や合理化を提案することをいう。これにより、管理体制の整備と適切な運用状況の確保が見込める。

 ただし、経営労務監査や労務コンプライアンスチェックでは、外国人雇用や海外赴任に関連するチェック項目はまだ少ない。よって今回は、経営労務監査にプラスすべき項目について述べたいと思う。…

筆者:コスモポリタンインターナショナルHRソリューションズ 代表 永井 知子

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年11月20日第3137号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ