【グローバル対応 外国人活用と海外赴任の実務】第4回 雇用契約書/坪井 美由紀

2017.07.21 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

懲戒事項まで詳細に 労働条件の全体像把握へ

 外国籍企業の典型的な雇用契約書の構成は、序文または前文(WHEREAS条項)、定義条項(省略されることもある)、担当職務の範囲、雇用期間、試用期間、各種労働条件(労働時間、休憩、休日、給与、休暇など)、守秘義務、競業禁止、勧誘禁止、知的財産権(専有権)、雇用の終了(退職・解雇)、権利非放棄条項(NO WAIVER条項)である。雇用契約書に替えてオファーレターの場合もある。

 日本の雇用契約書と異なるのは、…

筆者:HRアドバイザリーサービス 代表 坪井 美由紀

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年7月24日第3122号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ