【グローバル対応 外国人活用と海外赴任の実務】第23回 外国籍企業の日本進出/坪井 美由紀

2017.12.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

複雑な社保適用判断 拠点形態や身分で異なる

 2020東京オリンピック・パラリンピックの開催が迫る今、大きなビジネスチャンスを狙って、日本に進出する企業が増えている。外国法人が日本に拠点を持つ場合は、外国法人の子会社(日本支社)、外国法人の日本支店、または駐在員事務所の3つの形態がある。…

筆者:HRアドバイザリーサービス 代表 坪井 美由紀

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年12月18日第3141号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ