【グローバル対応 外国人活用と海外赴任の実務】第3回 「職務」重視の欧米/坪井 美由紀

2017.07.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「記述書」使い明確化 日本も給与体系転換へ

 「突然ですが、あなたの将来の夢(抱負)を聞かせてください」。採用面接ではおなじみの質問だが、私は、11年前に通ったロンドンのビジネス英語学校のHR専門家クラスで行われた疑似面接で、EU内で就活をめざす学生2人に同じ質問をして、…

筆者:HRアドバイザリーサービス 代表 坪井 美由紀

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年7月17日第3121号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ