【グローバル対応 外国人活用と海外赴任の実務】第1回 基本的な考え方/坪井 美由紀

2017.06.29 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

文化の違い把握を 英文は"結論"から入る

 私は開業して19年になるが、ここ10年は主に外資系企業のクライアントに社会保険手続きや労務相談などのサービスを提供している。顧問契約を結ぶクライアントのほか、英語を話す他士業ネットワーク等を通して外国人や日本に進出する外国籍企業の相談など飛込み案件も多く、日常的に英語でクライアント海外本社のHR担当者と直接やり取りしている。

 外国人と仕事をする際は、当たり前かもしれないが、…

筆者:HRアドバイザリーサービス 代表 坪井 美由紀

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年7月3日第3119号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ