【グローバル対応 外国人活用と海外赴任の実務】第22回 受け入れる企業の現状/坪井 美由紀

2017.12.11 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

熱心な中小製造業 高度人材の確保狙う

 日本では、2010年から生産年齢(15歳以上65歳未満の人口層)における労働力人口は減少し続け、これを補うため外国人を積極的に雇用しようとする動きが活発になってきている。今年1月に厚生労働省が発表した「外国人雇用状況の届出状況まとめ」によれば、外国人労働者数は108万3769人で、前年同期比17万5873人、19.4%増加し、2007年に届出が義務化されて以来、過去最高を更新した。

 外国人労働者を雇用する事業所数も17万2798カ所で前年同期比2万537カ所、13.5%の増加となり、届出の義務化以来、初めて17万事業所を超えた。…

筆者:HRアドバイザリーサービス 代表 坪井 美由紀

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年12月11日第3140号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ