【グローバル対応 外国人活用と海外赴任の実務】第10回 海外出向者の給与/永井 知子

2017.09.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

まず手取り額を設定 決定方法は3パターン

 日本で支給する給与は、通常は、まず総支給ありきで、そこから税金や社会保険料を控除し手取り額が決まる。対して、海外赴任者に支給する給与は、まず手取り額を設定し、そこから赴任地でかかる税金や社会保険料などを逆算して、総支給額を決定する「グロスアップ計算」が一般的である。

 背景として…

筆者:コスモポリタンインターナショナルHRソリューションズ 代表 永井 知子

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年9月11日第3128号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ