【データバンク室】「改正障害者雇用促進法に基づく差別禁止・合理的配慮の提供の指針の在り方に関する研究会報告書」ほか

2014.06.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「改正障害者雇用促進法に基づく差別禁止・合理的配慮の提供の指針の在り方に関する研究会報告書」(厚生労働省・A4判・29頁)

上記研究会が指針に盛り込むべき事項を決定。労働条件全般で障害者であることを理由とした差別的取扱いを禁じた。

「改正障害者雇用促進法に基づく差別禁止・合理的配慮の提供の指針の在り方に関する研究会報告書」


「ジョブ・カードの見直しに係る論点」(厚労省・A4判・4頁)

現在普及が遅れているジョブ・カード制度を大幅に見直し、職業生活全般を通じて活用できる「キャリア・パスポート制度(仮称)」への移行を図るため、専門家による検討を開始。見直しに向けた論点をまとめた。

※リンク切れ


「外国人技能実習生に関する労働条件確保等について」(大阪労働局・A4判・6頁)

外国人技能実習生の実習実施機関に対する監督指導結果をまとめた。平成25年の1年間に立入調査を行った90事業場の8割超で労基法、安衛法などの法令違反がみつかった。

「外国人技能実習生に関する労働条件確保等について」


「平成26年度中堅・中小企業の新入社員の意識調査結果(概要)」(東京商工会議所・A4判・6頁)

同商議所が3~4月に開催した講座に参加した新入社員に行った調査結果。回答者872人の5割近くが入社理由に「職場の雰囲気の良さ」を挙げた。

「平成26年度中堅・中小企業の新入社員の意識調査結果(概要)」

この連載を見る:
平成26年6月23日第2974号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ