【データバンク室】「平成26年の労働災害発生状況」ほか

2015.05.25 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「平成26年の労働災害発生状況」(厚生労働省・A4判・33頁)

 労働災害の発生状況・動向、労災防止のための取組みなどについてまとめた。平成26年の労働災害による死亡者数は1057人で、前年比で27人(2.6%)増となった。

平成26年の労働災害発生状況


「生涯現役社会の実現に向けた雇用・就業環境の整備に関する検討会報告書(素案)」(厚生労働省・A4判・27頁)

 企業による65歳以上の雇用の強化と国の支援策充実を求めている。シルバー人材センターについても、派遣、職業紹介の機能強化が必要としている。

生涯現役社会の実現に向けた雇用・就業環境の整備に関する検討会報告書(素案)


「建設業の人材確保・育成に向けて」(国土交通省・厚生労働省・A4判・25頁)

 国交省と厚労省が連携してまとめた建設業の人材確保・育成策の概要。「魅力ある職場づくり」に向け、社会保険未加入対策を推進し、雇用管理の改善に向けた助成金制度の活用を促進。

建設業の人材確保・育成に向けて


「平成26年度司法処理状況の概要について」(東京労働局・A4判・4頁)

 平成26年4月~27年3月の1年間に54件(前年度比4件減)の司法事件を送検した。業種別では、建設業が22件で最多。項目別では、賃金・退職金不払いが17件で最も多かった。

平成26年度司法処理状況の概要について

ジャンル:
平成27年5月25日第3018号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ